桧家住宅さんの商品紹介&標準仕様とは〜我が家はスマートワンカスタム〜

はじめに

Kirin
Kirinです!初めて当ブログにお越しの方は下記の記事がオススメです♪

 

一条工務店との比較記事はこちら↓

桧家住宅 VS 一条工務店 勝手に批評してみました

桧家住宅って、一条工務店の廉価版?

〜記事の本編はここから〜

こんばんは。

桧家住宅さんで念願のマイホーム計画絶賛進行中、Kirinです。

今日は桧家さんの商品について我が家の勝手な解説付きでお送りいたします。

目次

桧家住宅さんの商品

桧家さんは基本的に大きな一つの商品のみのようです。

Smart One(スマートワン)
と言う商品で、その中で

Smart One(スマートワン)
Smart One Custom(スマートワンカスタム)

の二つどちらかを選択します。

スマートワン(Smart One)

スマートワンはいわゆる規格住宅と言われるタイプの住宅です。

すでにパッケージ化された間取りがあり(2LDK南玄関タイプとか3LDK東玄関タイプとか)

基本形から少し自分たち好みにいじれる

と言うもののようです。

間取りによって値段も価格表があるので予算内で建てたい方にはとても分かりやすいと思います。

資料だけ拝見しましたが、かなりの間取りパターンがあったので

あんまりこだわりないよ〜

とか、

なんとなくのイメージがあるけど使い勝手とかよくわからないからある程度おまかせしたい!

という方にはとても良いのではないでしょうか。

スマートワンカスタム(Smart One Custom)

スマートワンカスタムは

間取りを自分たち好みに1から考えられると言うもの。

特に間取りの制約はないので、ほぼ注文通りに自由に設計できます。

その分、スマートワンカスタムの方がスマートワンよりお値段は高い傾向にあるようです。

ただ、我が家のように特別な仕様を設けたい場合

スマートワンの規格住宅にオプションで特別仕様をつけるよりスマートワンカスタムにした方が効率的にもお値段的にも良いようですね。

我が家はスマートワンカスタム(Smart One Custom)

私たちはそもそも家を建築しようとした理由が

「ダンススタジオ付きにしたい」

だったので、

最初からスマートワンカスタムの一択。

スマートワンのパッケージ化された間取りの中に流石にダンススタジオ付きはありませんでした(笑)

ただ、桧家さんは

「ビルドインガレージ」(?)なるものや

「青空リビング」と言う、2階に作れる中庭的なやつ、

「小屋裏収納」や「屋上」などが結構売りのようで、

スマートワンの中にはそれらが標準でついているパッケージ間取りは多くありました。

なので、

SmartOneのパッケージを選んでも建売クオリティよりはかなりオシャレになるんじゃないかなぁ。
※一個人の感想です。

スマートワンカスタムでも完全に自由設計ではない

「1から間取りを考えて自由設計で建てる」

とは言っても

工務店とは違ってやはりできないこともありました。

必要な壁の数だったり、柱の場所やダクトの部分とかが規定でどうしても外せなかったり、

「ここにドアが欲しい」と言っても

「ここは壁が必要なのでそれはできません」とか。

おそらくその会社さんの耐震基準とか、柱の数の規程があるんだと思います。

自由設計といえども一部規格的。

という表現があってるかもしれません。

ハウスメーカーさんですから、

「そこは仕方ないね」と。

私たちは納得しています。

スマートワンカスタムはパレット定額制

逆にスマートワンカスタムの一部規格的なところがメリットな部分もあります。

「パレット定額制」と言って

『同坪数内であれば間取り関係なく同額』と言う規定になっています。

どう言うことかと言うと

例えば15平米の箱があったとしてその中に部屋を3つ付けようが2つにしようが、料金は同じなのです。

収納をつけてもよし、と言うことですね。

一つの箱をパレットとよび、そのパレットをつなぎ合わせていくイメージですね。

また、一応「標準装備でつけれるもの」もあったりして、

そう言う部分はカスタムといえどパッケージっぽくもあり(そしてありがたい)

完全カスタムというわけでもないのかな、と言う印象です。

ちなみに

スマートワンの方は、

決められた間取りから少し壁をずらしたり変えたりしたい場合、

一箇所につき十万円とか結構なオプション料金を取られるようなので間取りにこだわりがあるならスマートワンカスタムがオススメですね。

(実際カスタムのが高いと言っても若干のようなので。)

すマートワンカスタムでの標準装備とそうでないもの

先ほど言ったように

スマートワンカスタムはパレット定額制なので逆に延床面積が増えれば増えるほど建物の料金が上がります。

なので

減額したいときは単純に延床を減らすと言うことですね。

とはいえ、

何か設備をつけたらその分増えるか、

と言うわけではなく、

すでに料金に含まれているものもありますので、ざっとご紹介。

スマートワンカスタム標準装備

ここからは我が家がつけた標準装備情報なのでこれで全部ではないかもしれません。

あしからず。

  • システムキッチン(食洗機付き)
  • ウォークインクローゼット(略称:WIC)一箇所まで
  • 大きいデザインウィンドウ 一箇所まで
  • 1階の開閉可能窓はシャッター付き
  • 浴室乾燥機
  • アクセントクロス一箇所
  • 二箇所目のトイレ
  • 勝手口一箇所まで
  • 外(庭)の水栓水道
  • 普通のクローゼット収納(特に個数制限なさそう)
  • ココチE(換気システム)

て、ところかなぁ。。。

あ、もちろんユニットバスもついてます(笑)
一坪タイプ。
これは当たり前かと思いましたんで特にリストに入れなかっただけで💦

あと、キッチンとか、選べる玄関ドアとか、外壁とか、標準で結構良いものが選べるんですよ。

外壁に関しては、2壁材選べます。

Kirin

我が家は2つ別の種類のサイディングと色を選んで2トーンにしましたw

女性ならキッチンも気になるところだと思うのですが

桧家さんオリジナルのVIVARIOと言うオリジナルのキッチンとクリナップさんのステディアの2つから選べます。

私はかなーり悩んだ末(これ別途記事にします)VIVARIOにしたんですが、

クリナップさんのステディアも機能が素晴らしくて悩みました。

また思い出したらこの標準装備リストは加筆するかもしれません〜

スマートワンでは標準だけど、スマートワンカスタムでは標準じゃないもの

我が家はスマートワンの方は選んでないので詳しくはないので聞き及んだ話、

要は又聞きの話です(笑)

なので、ご参考までに。

  • 小屋裏収納(屋根裏部屋みたいなやつ)
  • ビルドインガレージ
  • Z空調

かなぁ。。。

我が家はオプションで小屋裏収納をつけました。

あと、例えば吹き抜けがある間取りプランを選んでいたり青空リビング付きのプランを選んでいたら

吹き抜けも青空リビングという屋上も標準仕様になるようですね。

スマートワンの方は正直選ぶプラン次第で何が標準装備として付いてくるかが変わるようです。

どっちのプランがお得か問題

これは前述の通り、

そして当たり前のような気もしますが

間取りや設備にこだわりがあるかないかで大きく違うと思います。

スマートワンの間取りプランの中に気に入ったものがあれば、それを選べばいいのですからスマートワンの方がお安く済みます。

でも、ベースの間取りから何箇所か変更加えると+10万、+20万、と増えていってしまうようです。

しかも、

プランの中で赤い壁表示になっている壁は動かせないとか
制約も多いようです。

それなら
元々おそらく50万だか100万強?
カスタムの方が高いようなんですけど

カスタムの方がいいんじゃないかなぁー

と、個人的には思います!

そして御宅見学に行った時に思ったことは

吹き抜け(勾配天井)は超絶オススメです。

是非参考にしてみてください☺️

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

桧家住宅にてマイホームを建築中の施主Kirinです。
0歳と4歳、どちらも男の子2児の母です。
夫とともに元ダンサー、現ヨガとピラティスインストラクターです。
結婚した時からの悲願は自宅にスタジオのついてるマイホームを建てること。この度桧家住宅さんスマートワンカスタムにて夢のマイホーム計画を実現させることになりました!
詳細プロフィールはこちら

コメント

コメントする

three × three =

目次
閉じる