桧家住宅で土地探しもお願いした話①条件打ち合わせ〜見学

不動産・土地について
この記事は約5分で読めます。
はじめに
Kirin
Kirin

Kirinです!
初めて当ブログにお越しの方は
下記の記事がオススメです♪

 

一条工務店との比較記事はこちら↓
桧家住宅 VS 一条工務店 勝手に批評してみました
桧家住宅って、一条工務店の廉価版?

〜記事の本編はここから〜

どこに住むのか。
どこに建てるのか。

こればっかりは、
最初にしっかり決めないと、

リフォームとか
遊牧民みたいに

気軽に変えられないポイントなので
とても重要ですよね。

Kirin
Kirin

Kirinは遊牧動物ではないのよ〜

桧家住宅さんの不動産部のかたに
実際に土地を探して頂く際の
打ち合わせ〜実際の土地見学〜契約の流れから

今日は打ち合わせ〜土地見学のお話です。

土地探しの条件を伝える打ち合わせで大事なこと

土地探しの打ち合わせで
特に重要なのは
夫婦間で予めしっかり意見を合わせておくこと

ですね。

当たり前ですが
不動産屋さんに土地を探していただく時
まず、要望をお伝えするんですよね。

妻⇨不動産屋さんへ要望伝達
夫⇨不動産屋さんへ要望伝達

を一同に意見出してみたら
夫が出した意見に妻が初耳!びっくり!

みたいなのがあって、
不動産屋さんの前で
喧嘩が始まっちゃう・・・

なんてこともよくあるらしいです。

我々夫婦の場合、
結婚当初からだから・・・
かれこれ6年前くらいから

理想をお互いに話し、
現実を二人で直視し、
各々の希望をちょくちょく確認してたので

①最優先する条件(譲れないポイント)
②できれば欲しい条件
③妥協できるポイント

がある程度すでに一致していました。

それをそのままお伝えしましたところ
希望条件をみたす土地候補を
複数挙げていただくことができました。

条件と要望を伝えてから候補の土地が出てくるまで

土地の希望条件をお伝えして、
候補の土地を出してもらえるまでの期間は
大体2週間弱でした。

2月下旬に桧家住宅の不動産担当の方と打ち合わせ、
候補が出てくるまでの間に、
しっかり現地にも行ってみていただいたようで
現地の情報もかなり詳しくゲットした状態で
土地の候補を提示していただけました。

3月9日に実際案内していただき

その日のうちに
結果的にそのうちの一つを即決!
になったんですが。

そもそもこの不動産物件で
とてもいい提案をしていただいたのが
桧家さんに決定した理由の一つです。

私たちの土地探し希望条件

別に知りたくないかもしれませんけど(笑)

参考までにこんな条件で探しました!

①最優先譲れないポイント

・職場からの距離・・・仕事に通えないと意味ないので路線図で最遠駅を決めました。
・保育園激戦区以外・・・私も働けないと意味ないので、保育園入りやすいところを。
・日当たり・・・こればかりは最初に良いとこ買わないと後からどうにもならない
・子育て環境治安・・・これも後からどうにもならない
・小学校まで遠すぎないところ・・・30分以上歩くとかは低学年心配なので

②できれば欲しい条件

・スーパーなどが近い・・・生活する上でやっぱり重要なところです。
・近所が同世代の子育て世代・・・ご近所付き合いしやすいかな、と。
・坂がない・・・急な坂道毎日登って下りるのは…結構辛い
・ハザードマップで引っかからない・・・今、災害に弱過ぎな土地に住んでいて心配で
・車通り激しい通りから離れたい・・・まだ子供が小さいので事故が怖いです

③妥協できるポイント

・駅からの距離・・・バスさえ通っていれば歩けなくてもいいですし、駅近出なくても!

ちなみに私たちは現在首都圏在住。

仕事場所も23区内です。

ですが東京23区内に、
ダンススタジオ付きの家を建てるほど広い土地は
流石に私たちには難しかったので
東京市部 or お隣の県で探してまして

無事にお隣の県で50坪超えの広い土地を
見つけていただきました!

見れば見るほどよくわからなくなる理想の土地

どの土地も、
良い面と悪い面がもちろんあります。

また、希望が全て叶う土地って
やっぱりなかなかないものです。

だんだんみているうちに

あの土地もいい。ここもいい。
でも、決め手は何!?

となって選ぶ基準がよくわからなくなってきます。

最初に要望をしっかり出し切って
妥協できるところ、できないところ
整理しておかないと
決められるものも決まらなくなる。

最初の打ち合わせで
不動産部の営業さんに言われたことでもありました。

本当にその通りで、

いい土地はあるけど
全部の希望をかなえているわけじゃない、
みたいな土地を何件かみていると
どこを選んでいいか本当に分からなくなるんですよ。

特に3件目とか
なんの感想も出てこなくなる(笑)

そういう時に
絶対条件・できれば条件・妥協条件
を見直すことで、判断力が戻ってきます。

最後に案内される土地が本命感強い

結果決まった土地は

日当たりもとてもよく
周りも分譲地なので
新しく引っ越してくる方ばかり。

広さも充分、駅からも徒歩圏内で予算内の価格

という納得の条件揃い。

案内されたのは一番最後の土地。

色々見て、
途中何がベストかよく分からなくなった頃
一番最後に見せてもらった土地でした。

これは、
不動産業で働く知人の入れ知恵ですが

不動産屋さんが土地を紹介してくれる時
最後に連れて行かれる土地が本命だ

とのことです。

本当かどうかわかりませんが
確かに、一長一短の土地をいくつか見た後に
最後に見て購入を決めた土地は
一番よく見えました。

不動産屋の戦略ってやつかもしれません。

一回でいい土地が見つかったのは不動産屋さんのおかげかも

今回、分譲地で予算内の土地が見つかり
とても満足しています。

分譲地は、入ってくる人も新しい人ばかりなので
特に子育て世代に人気らしいですが
一方で高い傾向にあるとか。

でも、今回は偶然
「市街化調整区域」という
本来ならば家を建てない地域に、
特別許可が降りていて
建築する分譲地なので
安く購入できたという、ラッキーな土地です。

新しく人間関係が築けそうなので
ワクワクです❤️

次回は・・・
スピード感にビビるな!!土地契約の話

コメント

タイトルとURLをコピーしました