号泣!外構が着工できない!?外構業者を別途依頼の落とし穴

トラブル
この記事は約13分で読めます。
はじめに
Kirin
Kirin

Kirinです!
初めて当ブログにお越しの方は
下記の記事がオススメです♪

 

一条工務店との比較記事はこちら↓
桧家住宅 VS 一条工務店 勝手に批評してみました
桧家住宅って、一条工務店の廉価版?

〜記事の本編はここから〜

Kirin
Kirin

こんばんは!
桧家住宅でマイホーム絶賛建築中Kirinです

やっと建物が竣工し、引き渡しまでのスケジュールも決定!

 

私たちの家が私たちのものになるまでの

カウントダウンが始まりました!

 

あとは寝て待つだけ

 

・・・・・・・

 

…とはいかないのが家づくりでしょうか。

ここへきてまさかの

外構が着工できないかもしれない問題が勃発!

 

 

Kirin
Kirin

えーー〜!
なんなのよ!
何その展開!?
ここへきて最大の爆弾投下なんじゃないの!?

そうです。

 

全くなんでこうなってしまったのか。

外構を別業者に頼んだのが悪かったのでしょうか・・・。

 

一時は本当にどうなるかと思い

控えめに言っても

「揉めている」

と言わざるをえない状況でしたが

なんとか先日解決できましたので
ことの顛末をお伝えするとともに

 

外構をHMと別に依頼しようとしている方
旗竿地に建設予定の方には
同じテツを踏まないよう参考にしていただければ!

↓こんな方に読んでいただきたい!↓
■HMと外構業者を別の会社に依頼予定
■旗竿地である&外構の見積もりを建設中に依頼した
■何が起こったのか単純に興味がある
■人の不幸は蜜の味だと思う
Kirin
Kirin

レッツゴ!

ことの発端:ちょっと追加工事を頼もうと思ったら

10月に入った日のことでした。

 

旦那キリン
旦那キリン

あれ?もう着工するんじゃない?
外構。
室外機置く下のコンクリの件、相談してみようか。

Kirin
Kirin

そうだね、そんな頃だね。
明日新居見に行くし、相談してみよう。

 

そうです。

元々、
最低限、アプローチ周りだけ頼んでいた外構でしたが

エアコンの室外機を、まだ舗装されていない家の周辺に置いてしまっては後々大変だ。

と言う会話が以前夫婦間であり、

室外機を置く場所に別途土間コンを打ってもらいたい
と言う願望がむくむくと出てきた私たち。

旦那キリン
旦那キリン

追加5万以内でできるなら相談してみよう!

Kirin
Kirin

そうしよう!

となり、外構さんへ電話をかけたのが発端でした。

問題発覚!土が多すぎて施工できません

外構さんへ電話をかけ

プラスで施工をお願いしたい話をし、

旦那キリン
旦那キリン

明日、現地を見に行くので
お会いしましょう!

 

と現地打ち合わせのアポをとり

現地へ行ってみると・・・

 

外構さん、会長と社長が直々のお出まし。

 

大将

Kirinさん。
ちょっと問題がありまして。

Kirin
Kirin

え、なんですか。

 

大将

追加工事とかその前にですね。

アプローチがこのままでは施工できません。

これ、隣に比べて土がかなりアプローチに盛られてますね・・・。

これじゃここにコンクリートを流すと、玄関ポーチのタイルの一番上くらいまできちゃいますよ。

それがこちら

 

向かって左側の敷地延長部分(アプローチ部分)よりも
Kirin家のアプローチ部分は明らかに盛り上がってます。
赤丸で囲ったとこが特に盛り上がりまくってます。

 

旦那キリン
旦那キリン

いえーい!!!!

Kirin
Kirin

違うよ。盛り上がり違いだよ。

右隣のお宅に関していえば

すでにアプローチの外構施工済み。

 

土間コンが敷かれていますが
なんならその土間コン敷かれたアプローチよりも高く盛り上がってます。

 

土が多すぎる状態でそのまま施工すると何が問題かと言うと

■隣との境界は「ピンコロ石で仕切ってブロックや建造物を建てない」という協定が結ばれているが、地上ラインが隣と合わなくなるので。ピンコロで仕切れない。
■我が家のアプローチだけ高い位置になって見た目おかしい。
■玄関ポーチの一番上に土間コンが来るもの見た目おかしい。

 

ということで、要は土を減らさないといけないという話なのです。

ここで最大の問題。

残土処理どうする問題

デブなら痩せればいい

食事が多いなら減らせばいい

土が多いなら減らせばいい。

 

と簡単に考えがちですが

残土処理は簡単じゃないらしいのです。

 

大将

この残土をうちでなんとかするとなると数十万単位で料金がプラスになります・・・。

 

Kirin
Kirin

えーーーーー!!

 

それはちょっと無理です。

すでに契約は結び、その料金で住宅ローンの申請にも上げてもらっています。

自己資金も流石にあまり使いたくない・・・

というか、家電に使う予定です。

これはどーしたことか。

桧家住宅に非があるかもしれない?

そもそもなぜ普通に施工していて、
我が家だけこんなモリモリアプローチになってしまったのか。

 

言い方悪く端的にいうと

 

これって誰のせい?

てことですね。

 

桧家住宅で残土は撒いて敷地を高く勾配つけた方が排水のためにいいと言われた事実

実はですね。

営業さん
営業さん

残土は処分にかなりお金がかかりますが、Kirinさんのお宅は一番奥なので排水のための勾配をつけるために絶対高くしておいた方がいいです!なので、残土は周りに撒くよう指示しときますね。

 

と、以前営業さんに言われたのを思い出しました。

 

それを外構さんにお伝えしたところ

 

大将

あんまり言いたくないですけど、外構のことよくわかってない営業さんですね。
ある程度勾配があった方がいいとは言っても、これはやりすぎです。
あと、この排水口のところまでだけでよくて、その先は勾配あってもなくても変わらないんですよね・・・。

 

とこれまた全然違う意見が出てくる。

どうやらこの画像の水色の印をつけた部分

ここより先は
中の配管の勾配がすでに決まっちゃってるものなので、
土をいくらもろうが関係ないらしいのです。

さらにいうと、お隣は配管の口がしっかり顔出てますよね。

我が家は埋もれちゃってます。

これ、確かにすでに埋まっちゃってるとコンクリ流せないですね・・・。

だってここからコンクリ流したら
排水の口、埋めちゃうことになりますもん。

さらにその他の家の周りの土の状態もボコボコしすぎていてひどいという話にも発展し、

「桧家住宅さんのせいではないか」

みたいな雰囲気がその場で出来上がってしまいました。

なんとかならないですか?

桧家住宅さんに電話をかけます。

端的にいうと、こんな内容でした。

旦那キリン
旦那キリン

すみません。今外構さんとお話ししてるんですが我が家だけアプローチ部分の土がおかしいことになっているようでして、これじゃそのまま施工できないと言われてしまいました。
これって、桧家さんが盛ったんですよね?
家の外周ボコボコしてますし・・・これ含めてなんとかなりませんか?

営業さん
営業さん

え?お隣どんな感じなんですか?そんなにおかしいですか?
ちょっと写メ送って見せてくれませんか?

旦那キリン
旦那キリン

こんな感じです。

営業さん
営業さん

あー・・・なるほど。
でも敷地の高さは上げた方がいいとは思いますが・・・(ゴニョゴニョ)

旦那キリン
旦那キリン

でも、協定部分このままじゃ平らにもならないですよ?

営業さん
営業さん

あー、そうですねぇ。ちょっと確認しますね。

敷地の協定部分とは?

実はKirinたちの土地は、
両隣のお土地と外構について交わしている
「約束事」があります。

それは

「敷地入り口から一定区間は敷地の境界線にブロックなどの建造物をおかない」

というものです。

 

それがこちら↓

右側のお宅はすでに完成しているので
例としてご覧ください。

 

Kirin家とその両隣のお宅は入り口を3等分してます。

 

その部分を駐車スペースとしたりもするので
自分の敷地とお隣さんとの敷地の境目に

入り口から何かブロックや塀を建ててしまうと

・景観が悪い
・皆通りづらい
・車などが停めにくい

と言った弊害が出てきます。

 

ちょうどフェンスが見えているあたりくらいまでなのですが

売主の方でピンコロ石を敷くから何も建てない、おかないお約束にしましょー

という協定を結びました。

 

ところが写真の通り
右側のお宅のようにきれいにピンコロ石を入れてもらうためには

 

Kirin
Kirin

どう考えても土盛られすぎ!

なわけです。

協定部分は売主さんに丸投げしましょう

土地の担当者に確認してもらったところ

ここは良くも悪くも
施主はやる必要ない部分ではありますし、
来週にはどうやらピンコロ敷く作業するらしいので

とりあえずピンコロ石が埋まるのを待ってみましょう

ということになりました(笑)

 

まー、そうなりますよね。

でも結構段差あるのにどうするのかなー

 

なんて思いながら待つことにしました。

 

むしろ

なんかどっちがどうにかするかで揉めそうだから
売主さんがうまーく土処理までしてくれたら助かるんだけどなー

 

と思いながら待つこと1週間。

その後ピンコロが敷かれた感じがこちら!

うまーく

サイドの土だけ削ってあります(笑)

 

まーそうなりますよね。

番外編の妙案

実は偶然ですが

左隣のお宅も同じく桧家さんで施工することになったらしく

「そちらに土をお譲りできないか」

なんてとんでもない案も出てきました。

 

お譲りって(笑)

ですが・・・

外構ノープランだからとやんわり断られる

旦那キリン
旦那キリン

そりゃそーだろう

 

まだ着工もされてません。

 

どんな風なお家になるのか。

多分地盤改良もまだなのに、
土がいるかどうかなんてわかるわけありません(笑)

 

でも、なんとか桧家さんサイドでなんとかできないかと
色々考えてくださった案の一つだったのでご紹介しました。

直接対決!桧家住宅VS外構さん

とりあえず

間に挟まれてしまったものの

私たちとしてはもう金額は今更変えられません。

 

旦那キリン
旦那キリン

残土は桧家さんか土地の売主さんかでなんとかしてもらうか
外構さんに桧家さんから交渉お願いします!

と双方で話してもらうことにしました。

外構さんの主張

見積もり時に下見に来た時にはアプローチ部分に鉄板やゴム板がしいてあり、工事車両もとまっていたし左サイドの敷地の土は普通量だったので、まさかこんなに土がもられているとは予想外すぎた。
残土をアプローチに撒きすぎてるし施工が雑なんじゃないか?
残土はアプローチ部分に撒いておけばいいなんて適当なことをしてないできっちり責任をとるべきだ。

桧家さんの主張

外構さんの見積もり時のとりこぼしにすぎない。
車などで見えてない部分があるなら、しっかり見積もり提出時に「残土処理が出る場合は別途かかる可能性がある」旨を書面に記載して施主へ説明義務がある。
それをとりこぼしたのは外構さんなのだからうちが料金を被って残土処理を、というのはおかしい。
また、施工雑ということはない。外周も含めてそこは外構さんのエリアなんだから整地の義務はない。
Kirin
Kirin
どちらも自分が悪くない!の一点張りね。
施主のKirinから言わせるとどっちもちょっとずつ見通し甘い気がしたけどね!
あと桧家さんの言い分もわかるけど、「外構さんのエリアだから整地の義務はない」はちょっとひどくないかなぁ。凸凹すぎる気がしたんだけどなー。

結論

結果桧家住宅さんから直接外構さんへ妥協案の電話がいって解決しました。

その内容はこちら。

残土の見積もりとりこぼしが最終的な原因であるので、やはり残土処理を今から桧家住宅で負担はできません。

ですが、おっしゃる通り家の外周の凸凹や、削られた部分があるところがあるようなのでそこに残土を撒いてはいかがでしょう?

また、花壇部分に土盛れば、そんなに残土でませんよね?

Kirin
Kirin

まさかの撒いた土を撒きもどす戦法(笑)

 

旦那キリン
旦那キリン

最初っからまかなきゃ良かったのでは・・・

結果的に外構さんもこれを飲み、施主への追加負担はなしでなんとか外構着工に漕ぎ着けました。

一時はプラス数十万とられることになったり

ましてやどちらかが訴訟!

 

なんてことになったらとヒヤヒヤしました…。

 

もやっとポイント

私たちとしてはそれで全然良いと思うのですが。

 

少しだけもやっとするのは・・・

 

残土撒き戻すのも全部外構さんにやらせないで
桧家さんも手伝ったら?

 

とはちょっと思いました。

 

いくら外構さんの仕事エリアといえど

・使ったものは片付ける
・現状復帰
・整理整頓

レベルの当たり前のことがすこ〜し甘かった気がやっぱりするんですよね。

なんかこんな感じにガラや岩が固めて置いてあってそのままだし、建物に向かって土が減ってます。

これって水道とかの配管のために掘ったとして、とりあえず埋めとけ的な仕事に見えます。

 

掘ったのは桧家さんなのだから、きちんと綺麗に土戻してならすくらいしてくれても良いんじゃないかなーー、と。

 

あれ全部外構さんにやらせるのかーーー・・・

と少しだけモヤッとしています。

教訓

今回は、

HM提携外の会社へ施主から直接依頼したこと

も、トラブルの原因の一つでした。

 

お互いがお互いの仕事エリアをきっちりやってくれれば
起きなかったかもしれない?

と思わなくもないですが
どちらがやるのかグレーゾーンな仕事領域もあるのかもしれません。

そういうところを内内で解決できるのはHM提携の外構さんだと思います。

 

また、施主から直接依頼だったために、
問題発覚時に

「施主が間に挟まれる」

ということも起きやすいなと。

 

私たちはたまたま桧家住宅の営業さんが
代わりに矢面に立ってくださる方だったので
途中から交渉も話し合いもバトンタッチできましたが

 

ズーーーーーーーっと間に入っていなきゃいけなかったとしたら

超絶ストレスです。

Kirin
Kirin

はげる自信あるよ。

 

「こういうこともあるのか」

と、同じような境遇の方の参考になったら嬉しいです。

ちなみに無事に外構は着工して

目下進行中!!

 

もうすぐ引き渡し!楽しみです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました