続・外構見積りに怒り心頭part2!「ブルータス、お前もか」案件

外観・外構
この記事は約6分で読めます。
はじめに
Kirin
Kirin

Kirinです!
初めて当ブログにお越しの方は
下記の記事がオススメです♪

 

一条工務店との比較記事はこちら↓
桧家住宅 VS 一条工務店 勝手に批評してみました
桧家住宅って、一条工務店の廉価版?

〜記事の本編はここから〜

この記事は下記の続編、後日談になりますので、

まずはこちらの記事をご覧ください。

暑い日々が続いておりますが変わらず絶賛マイホーム建築中Kirinです。
先日、外構の業者さんへ見積もりを取ったところ
的外れな見積もりばかりが上がってきて怒り心頭だ
と言う記事を書きました。

その後、

唯一まともだと思えたB社さんからの見積もりが届き、
外構見積もり戦争は無事に収束の兆しを見せたのですが。

B社さんも爆弾持ってた。

全然、普通じゃなかった。

もう、目もつぶれなかった、もはや見過ごせなかった私たち。

せっかくB社さんで決まりかけたのに。

まさに
「ブルータス、お前もか。」

旦那キリン
旦那キリン

B社、お前もか。

Kirin
Kirin

は!!
そうか、B社BブルータスのB!!!

んなわきゃない。

とりあえず、何があったのか気になるアナタのために
さっさと本題に入りましょう。

B社さんの見積もり結果

B社さんは現地視察の際も無駄話は一切なく、
現地視察の翌日には

「昨日はありがとうございました」

と言う、御礼メールが。

なんとも、営業として「できる」感が漂ってました。

御礼メールの中身を要約するとこんな感じ↓

B社:見積もり前にもらった丁寧な御礼メール

B社
B社

昨日はお忙しい中、現地視察にお立ち会いいただきありがとうございました。
伺ったお話を参考にただいまプランとお見積もりを作成中でございます。
取り急ぎ御礼までとなりますが、お見積もりができましたらすぐにお送りしますので少々お待ちください。
また、弊社では現在キャンペーンを行っておりまして
住宅ローンとは別で弊社の独自ローンを金利0でご利用いただけます。
併せてご検討ください。

うまいんです。
好感度、高いです。
しかも、予算が限られていて、
旦那キリン
旦那キリン

やりたいことはできないなぁ

Kirin
Kirin
うん、でも仕方ないよね、金額ここで抑えよう
と言う状態の我が家には
金利0、住宅ローンとは別に組める分割払いは大変魅力的でした。

B社:見積もりの結果がきた!その金額は?

御礼メールの「できる感」から、かなりB社に期待していた私たち。

そのB社の見積もりが来ました!

金額は💰62万💰

内容も、私たちがお願いした必要最低限です。

少し予算から出てはいるものの、
50万では元々難しいかな、と思っていたので

62万円なら頑張れる
もしくは
工夫次第で削れる部分もありそうです。

はたまた
例の金利0ローンを組めば、希望のプラスアルファも可能かも!

なんて旦那ちゃんと舞い上がる。

来たよ、来たよ〜
いいよ〜B社さん!

的外れな見積もりばかり受け取ってきた私たちには
即決に値するB社さんだったので
そのまま

「お願いしたいと思ってます、打ち合わせさせてください」

と、返信したのでした。

B社依頼後にまさかの爆弾チュドーン案件

B社さんとの打ち合わせの日がやってきました。

我が家は家を建てる場所と、現在住んでいる場所が2時間かかる距離に離れています。

当然外構業者さんは建築場所の近くなので、打ち合わせは結構遠くに出かけなければなりません。

保育園への送りのあと、すぐ電車に乗って・・・

と言う1日の段取りを細かく決めてその日を迎えていました。

1本のドタキャン電話

いざ、家を出発しようとしたその時。

一本の電話が鳴るのであります。

B社
B社

B社です。本日お伺いするものの代理でご連絡いたしました。
前の現場が長引いてしまいまして、お打ち合わせの時間に間に合わないようです。
また、その後にも現場がありますのでできれば本日の打ち合わせを別日に変更できませんでしょうか。

旦那キリン
旦那キリン

・・・・・。

Kirin
Kirin

・・・・・。

突っ込みどころが多すぎる。

つっこみどころリスト化してみた

旦那キリン
旦那キリン

とりあえず仕方がないのでリスケの方向で、
でもいきなりそんなこと言われても次の日程すぐ出ないので、再度メールで候補日ご連絡します

として電話を切りました。

でも、でもですよ?

  • 朝9:00の時点で押してる現場って本当?
  • 本人じゃなくて事務のお姉さんからの電話って・・・
  • あんまり申し訳なさそうじゃないトーンが気になる
  • なぜ前の現場が押したからって、私たちリスケにして私たちの後の予定を優先させるのか?

一気にムクムクとB社さんへの不信感が募ります。

さらにです。

一応リスケ候補日程を早々にメールしたんですが

  • 確認してご連絡します、と言ってなかなか返信が返ってこない。
  • 日程返ってきたと思ったら「確実によろしくお願いしますね?」的な念を押される。
  • オイオイ、こっちのセリフだよって話。

募る不安に耐えられず新たな見積もり取得に手を出す

B社さんが一気に不安になってきました。

そして、その不信感から再度最後ののぞみをかけて一括見積もりに申し込んでみました。

「くらそうねエクステリア」と言う一括サイトで、なかなか評判が良いようでしたので!

一縷ののぞみが繋がった

くらそうねエクステリアさんでは2社紹介していただきました。

そのうちの1社さんが大変素敵な提案をしてくださいました!

イメージパースを作成してくれたのはこちらの業者さんだけでした。

そして好感度高いのは

  1. 必要最低限、要望したことを予算内で納めて提示してくれた
  2. それプラスアルファの提案を別途で盛り込んでくれた

この2点。

もう一つの会社も予算内で納めてくれはしたのですが
お世辞にも素敵ではない。

こちらは予算内で、最大限「素敵な見た目」を実現してくれようとしているところが好感度高かったのです。

長かった外構業者探しの旅が今度こそ終わりそう

素敵な業者さんに出会えたので、B社さんはお断りしました。

予定していた打ち合わせの前日に(笑)

ドタキャン返しではありますが、わざとじゃありません。

でも、不信感を持ったままスタートしては、絶対に後で後悔しそうだな、と思ったんです。

ようやく業者さんが決まったので、ようやくスタートラインです。

ここから詰めていかなければなりません。

B社さん爆弾が破裂したときは、我が家の外構フルDIYも頭によぎったのが正直な話。

無事になんとかなりそうな兆しが見えて、今はとりあえず安堵しています。

来週、早速お打ち合わせ!

楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました