桧家住宅さんのウリの話〜Z空調・我が家は導入せず〜

桧家住宅について
この記事は約6分で読めます。
はじめに
Kirin
Kirin

Kirinです!
初めて当ブログにお越しの方は
下記の記事がオススメです♪

 

一条工務店との比較記事はこちら↓
桧家住宅 VS 一条工務店 勝手に批評してみました
桧家住宅って、一条工務店の廉価版?

〜記事の本編はここから〜

こんばんは。
桧家住宅さんのスマートワンカスタムで
マイホームを建築中Kirinです。

今日は

そもそも桧家住宅さんて、
何が特徴のおうち?

ってところをお話したいと思います。

あくまで、個人的に思うところからお話しさせていただきますので
あしからず。

桧家さんはここがウリ!(らしい)

各ハウスメーカーさん、
耐震だったり、材質だったり、工法だったり
力を入れている「ウリ」があると思います。

例えば

住友林業さんだったら「木の家」とかだったかな?
材質に拘っているとか。

一条工務店さんは
高気密・高断熱&全館床暖房が何よりもウリだと思います。
(私はそれがめちゃ魅力に感じてたんで!)

あと、ダイワハウスさんはCMでおなじみ
天井の高い家ですよね〜

で、私たち夫婦の希望は
ダンススタジオ付き!
と言うことは当初から言っている通りですが
それ以外にも住居も兼ねるわけですから
住居として、何を魅力に感じるか。

ってところで、桧家さんの以下のウリポイント
が私たちにハマったのです。

ウリその①高気密・高断熱アクアフォーム仕上げ

一条さんのウリでもあった高気密・高断熱。

私がめちゃ寒がりでして・・・

今住んでいる家も、
実家も、
小さい時に住んでいた家も
めちゃくちゃ寒かった!!!

自分で建てる家はあったかい家がいい!

とずっと思ってました。

桧家住宅さんは
業界で高気密高断熱が流行り出す前に
高気密高断熱をウリとして掲げた
先駆けの存在だそうです。

気密さを表すUA値と言うのが
桧家住宅 0.34 (参考:桧家住宅WEBサイト

これは数字が小さければ小さいほど機密性高い。

一条さんの0.25に比べたら数値はいまいちですが
業界の中ではTopクラスでした。

一条さんはその分お値段も高いですからね・・・

桧家さんはローコストで実現されているので
寒がりな私には嬉しいポイントでした。

アクアフォームという断熱材が
とても上質なようで、
軒下までぜーんぶそれで覆ってるんだそうです。

日本アクアさんというところが
アクアフォーム の一番メジャーな会社さんらしいのですが
なんとここは桧家さんのグループ会社ということです。

桧家住宅が断熱性能をウリに掲げるパイオニアだと納得。

ウリその②全館空調「Z空調」

TVCMで、斎藤工さんが宣伝されてますよね。

Z空調、埋め込み式のエアコン。
家全体の温度をぜーんぶ均一に温めてくれるんだそうです。

また、空気清浄の役割も果たすらしく
隅々まで温度も均一
湿度も均一になる全館空調システムですね。

しかもZ空調を導入した御宅見学へ行くと
Z空調(約150万円相当)が無料で導入できます。
(これは期間限定かもしれないし全員にいつも適用かは定かじゃないです)

各部屋につけるエアコンと比べて
まずお掃除が楽だそうです。
埋め込み式だからエアコン自体に埃も
たまらないですしね。

そして室外機も1フロア1台で済むので
お庭がすっきりする。

これは魅力的だった・・・

エアコンの室外機って結構邪魔。

一条さんの全館床暖房も魅力的でしたが、
結局夏は冷房が必要なので
床暖+エアコンが必要になるわけで。

そう考えるとZ空調、魅力的な設備なんですが・・・

諸事情で我が家は導入しませんでした。
それについては理由など別途詳しく書きますね。

アクティブガレージ

これは車好きの方には人気だそうです。

我が家は導入してないんですが(笑)

家の中から直接アクセスできるガレージだそうです。

青空リビング

これも我が家は導入はしてないんですが(笑)
(そんなんばっかや)
でも、これ素敵で、うちも余裕があればやりたかったです。

これはスカイテラスとかいうとわかりやすいかな。

2階のフロアの一角を
ウッドデッキのようにして
寛げるスペースですね。

あとは、単純に屋上スペースも
そのように呼ぶみたいです。

個人的に勝手に思う桧家さんのウリ・太陽光が安い!

我が家は元々、ZEHハウスにするつもりも、
オール電化にするつもりもなかったので
太陽光発電システムは導入する予定はありませんでした。

一条さんが、
ただでさえ見積もり高いのに
めっちゃ太陽光を進めてきたのも
ちょっとな・・・と思うポイントだったのもあり。

ところが

ローンをどこで組むか、という話になり
フラットにほぼ決まりかけた時。

「フラット35」よりも「フラット35S」の方が
利率条件がよいということで
「フラット35S」に申し込むことになりました。

ところがそれに申し込むためには
省エネハウスにする必要があるとのことで
そのために導入したんです。

しかし、その見積もりを
たまたま一級建築士の知り合いに見せたところ

「安っ!!!」

と驚かれました。

その金額はズバリこちら↓

3.42Kwで684,000円(税抜)

すみません、
正直、私
シロートだから高いのかどうかわかりません(笑)

同じKw数で比較もしてないし。

でも、その知人曰く
「普通こんな値段じゃつけられないよ」
だそうです。

これを機に、
絶対ガス派だったキッチンコンロも
IHにすることになり
なんだか未知の挑戦になりますが
IHに変えた友人の話だと

「IH、使ってみるとムシロ良い」

と言われたので
それも楽しみです。

ただですね、これ後日談がありまして。

本当に安いのか・お得なのか
自分なりに検証してみたんですよ。

それについてはこちらの記事で詳しく書いてます↓

個人的に勝手に思う桧家さんのウリその2・センス良さめ

一条工務店さんとの比較になりますが

一条さんが
ちょっとのことでなんかダサ目だったんですよ(笑)
見た目のデザインが。

 

でも、まぁ、

 

家って外観より性能っていうのは納得だし
外観や内装のこだわりはそこまでだったんですが

やっぱりダサいよりお洒落な方がいい(笑)

 

そういうポイントで言うと
桧家さんはセンスが良い方だと思います。

特に
「Premium One(プレミアムワン)」

という桧家住宅さんのオリジナルブランドが
ありまして。

デザインに結構特化しているんですよね。

 

Premium Oneはほとんどがオプション扱いになりますが
キッチンだけは標準でも選べるので
我が家はそのオリジナルブランドのキッチンにしました。

インテリア打ち合わせ、楽しかったもんw

これはまた別途記事にしますね。

個人的に考えるZ空調のメリット・デメリット

やっぱり桧家住宅さんの代名詞ともいえる設備ですよね、これ。

我が家がZ空調を導入しなかった理由にも通ずるんですが
そしてそれについては別途1記事にしますが
個人的にメリットデメリットあると思うんですよね。

最後に個人的に良い点悪い点まとめてみました。

・部屋ごとに温度調節できない(家全体均一温度をメリットと捉える?)
・上から温めるから空気が乾燥しそう
・電気代高そう
・見学に行った導入済のお宅の方々も靴下履いてた(足元寒い?)
・天井低くなる
・玄関も脱衣所も家のどこに行っても暖かい or 涼しい
・吹き抜けがある部屋の室温も心配しなくていい
・部屋がスッキリする(エアコン各台掃除いらない)
・室外機が2台ですむ
・埋め込み式だから音が静か(うるさいという話もちょっと聞く)
ね?
手放しに良いとは思えないんですよね。
暖房機能に関しては床暖房の方が私は好きだしな・・・
あと、エアコンだから風やだな、とかね。
我が家が導入しなかった理由に関してはさらに詳しく書いてます↓
https://kirin-no-myhome.com/zkkucho-why-not/

コメント

  1. […] 桧家住宅さんのウリの話〜Z空調・我が家は導入せず〜ハウスメーカーごとにある魅力・強みについて桧家住宅さんの強みを個人的観点から書いてみました。有名なZ空調については最後 […]

タイトルとURLをコピーしました