インテリア打ち合わせ・外観と外壁編 オンラインでは難しい

私たちの家づくり実録
この記事は約7分で読めます。
はじめに
Kirin
Kirin

Kirinです!
初めて当ブログにお越しの方は
下記の記事がオススメです♪

 

一条工務店との比較記事はこちら↓
桧家住宅 VS 一条工務店 勝手に批評してみました
桧家住宅って、一条工務店の廉価版?

〜記事の本編はここから〜

こんばんは!

桧家住宅さんでマイホーム計画絶賛進行中
Kirinです。

ちょっと時系列遡りまして
インテリア打ち合わせに戻ります。

今回は外壁と外観打ち合わせについて。

そもそもの家全体の形について

家全体の外観は

我が家の場合は自然に決まりました。

家全体の形にこだわりがあれば
そこから中の間取りを考えるという手もあるかもしれませんが

大体は、先に間取りの後外観だと思います。

間取りを先に考えると自然に決まってくる

我が家は間取りを決めた時点で
家の外観が大体決まってきました。

手書きですが、こんな感じ。

その後大きく形は変わっていません。

吹き抜けの位置や、
ダイニングをどこに置くか

など、
縦や横に大きな面積を占めている部位が
家のどこに来るかが家の形に大きく影響してくるようです。

ある程度希望は聞いてもらえる

私たちは最初に

「家の形に希望はありますか?」

と確認されました。

特になかったので「ないです」と答えましたが。

とはいえすごいダサイのは嫌なので(笑)

「あまりゴツゴツで不格好じゃなければ大きなこだわりはないです」
と。

ただ、例えば屋根の形にこだわりがあったり
それこそ太陽光パネルを南側につけたいので南面に屋根が欲しいとか
よく見える位置に大きな窓が欲しいとか

そういうこだわりや特別な要望があれば
考慮して案をくれるようです。

特に、屋根の形や窓は「家の顔」になります。

せっかく自分たちの家を1から作るのですから
こだわり持って伝えてみるといいと思います。

壁材はどう選ぶ?

インテリア打ち合わせでは
壁に使う壁材を選びます。

どうやって選ぶのかと思ったら、
30cm四方くらいのサンプルをみて選びます。

陽の光に当たると印象が変わる

壁材のサンプルは間近で見れますが

そもそも壁材は外で使用するもの。

日光に当たったり、外で見ると色味や印象が変わります。

明るい部屋ではありますが
室内で打ち合わせをするので陽の光に照らしながら選ぶのをお勧めします。

「日光の下で見たいです」

といえば見せてくれると思います☺️

Kirin
Kirin

曇りの日でも、外で見るだけでも違うと思います

しかし、

こういう壁材などは
オンラインで打ち合わせすることもできるらしいですが
ただでさえイメージが湧きにくいのに
資料だけで選ぶっていうのは
やっぱり無理ですね。

実際に打ち合わせをやってみて
そう感じました。

壁材は2種類選べる

桧家住宅さんでは2個違う壁材を追加料金なしで選ぶことができます。

壁材も取り扱っているメーカーが2つあるんですが

片方は10年保証
もう片方は15年保証

だったかな?

なんか、保証年数が違うんです。

だから大体みんな長い保証の方にすると言ってました。

桧家住宅さんの壁材は結構いい!

桧家さんで選べる壁材は

基本全て雨で汚れが落ちるマイクロガードがついています!

これ、旦那ちゃんが

家を建てるなら絶対つけたい仕様だ

と言っていたので標準でうれしかったです。

外壁掃除をしなくても、
雨と日光の力で汚れを落としてくれるので
家がきれいに長持ちするという
優れものですね。

Kirin
Kirin

一条工務店ではこのマイクロガード壁材がオプションでした

オプションの場合、家の面積にもよりますが
数十万円追加になってしまうので、
標準仕様は嬉しいですね。

玄関ドアはどう選ぶ?

玄関ドアはLIXILさんです。

写真の一覧から選びます。

ドアの質感までは正直わかりませんが
私はそれで充分かな、と思います。

でも、LIXILさんのショールームに行って実際に見ることもできるようですよ。

我が家はコロナでいけなかったけど・・・

玄関ポーチはどう選ぶ?

玄関ポーチもタイルのサンプルとともに選びます。

でも、外壁や玄関ドアと重なった時にどういうふうになるのか
イマイチ、イメージつきづらいんですよね。

あ、あと
玄関ポーチタイルから、
内装の1階フローリングへの
つながりもあるので
1Fフロア床材とのコントラストも
考慮した方が良さそうです。

外観はイメージ図を作成してもらえる

打ち合わせの後日、
こんな感じのCG絵図をもらって確認できます。

↑は初期の案なので、
我が家もここから変更してますが。

その場でもらえたら、すぐその場で違う!
とか言えるのに、
後日これ見て、
変えたかったら言わなきゃいけないので
ちょっと非効率だなぁ、
と思っとります。

もちろん、正式に決定するまで何回も変えられます。

ちなみに・・・

最終的な外観図は
防犯の観点からこちらへの掲載は控えさせてください💦

ベランダはオプションのステージバルコニー

ちなみに、このベランダは
「ステージバルコニー」と言ってオプション商品です。

当初、
2階の間取りでLDKが充分に取れず、
ベランダ部分だけ取り付けたのです。

でも、
フロアから段差なく続きのベランダにしたい

と思っていたのでかえってよかったです。

その後間取りの変更でLDKの広さは充分取れましたが、
このステージバルコニーが気に入ったので
そのまま追加することになりました。

ちなみにそのオプションバルコニーにも色々あって
この木目調のやつはちょっと高いのです。

アルミサッシのやつにしようかと思いましたが
結構見た目が変わって・・・あんまりよくなかったんですよね。

なので木目調のバルコニーで行くことになりました。

屋根材も選ぶけど正直わからない

屋根に使う材質も選びます。

でも、正直よくわからなかったので、
これはもう、
提案をそのまま受け入れました。

特に雪国でもないし
災害の時瓦が落ちるのだけ嫌なので

「昔ながらの瓦は嫌です」

とは言ったんですが、
もはやそれはもう主流じゃありませんでした(笑)

太陽光パネルに支障がなく、
突拍子もない色じゃないものでお願いしました。

窓の外サッシの色も選ぶ

外から見える窓枠の色も選びます。

木の窓枠が良かったんですが
流石にそれはありませんでした。。。

外構工事は別!予算も別!

意外と家を建てる時に忘れがちと言われるこの外構。

外構とはどこの部分か?

具体的には玄関ポーチより外の部分。

駐車スペース、家の門、インターホンや郵便受け

などですね。

外構費の予算は事前にしっかり確認すべし

私たちは駐車スペースから家の門までの
最低限で見積もってもらいましたが
現時点では丼勘定の概算見積もりです。

正式な費用は別途見積もりをとると
おっしゃってました。

その後、
例えば庭に芝生植えたかったり
ウッドデッキを作りたいなと考えているんですが、

そういうのは後々DIYや、別途追々やっていこうとなりました。

最終的に意外とそこがかさんじゃったりして

あれ?

ローン総額が足りない!

とか、

予算オーバー!!

とかになったりするらしいので

ローンを組む最初に

どの程度、どこを工事する予定か

確認した方がいいかと思います。

外構工事、どこに頼むか問題

まだ確認していませんが

外構は桧家さんなのか・・・?

それとも自分で安いところ
見積もりとってやっていいのか。

「実費は別で見積もりとる」

と桧家さんもおっしゃっていたのですが
決まった業者があるかとか確認してないんですよね。

別の方のブログで
自分たちで見積もりとって安いところにお願いした
という方もいたので。

その方が費用も抑えられますし。

もう、太陽光の時のような
悔しい思いはしたくないので

早めに見積もり取ろうと思っとります。

間取り案集めの時にもご紹介した
タウンライフがタウンライフリフォーム・外構というのもあるみたいで。

見積もりってやっぱり、

見積もり他方でとることによって競わせ、値段を下げる効果があると思うんですよね。

だからとるにこしたことはないと思ってます。

もちろん、良い業者さんに出会えたら
そのまま発注できますしね。

見積もりとったらまたご報告します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました