【桧家住宅】2Fリビングにした我が家のこだわり

はじめに

Kirin
Kirinです!初めて当ブログにお越しの方は下記の記事がオススメです♪

 

一条工務店との比較記事はこちら↓

桧家住宅 VS 一条工務店 勝手に批評してみました

桧家住宅って、一条工務店の廉価版?

〜記事の本編はここから〜

Kirin

こんばんは!Kirinです。
突然ですが我が家は2Fリビングダイニング+勾配天井です。

Twitterで #家系ブログを盛り上げる会 の るんばーさん(@Roomba960)さんがこんな投稿をされていて

と言うのを拝見して。

そういえば、リビングのWEB内覧会はしたけど
こだわりとか、そういうのに特化して書いたことないなー

と思いまして、書いてみることにしました。

目次

こだわり1:キッチンViVARiO(ビヴァリオ)

桧家住宅では、キッチンをクリナップ OR 永大産業のViVARiO(ビヴァリオ)の2択です。

Kirin

他HMではもっと選択肢があると聞くので、かなり少ないほうだと思います。でも、2択でも相当迷ったんで(笑)Kirinの場合いっぱいあっても迷うだけかも?と思って2択で満足でした(笑)

個人の主観ですけど(笑)

もちろん、キッチンにめちゃくちゃこだわりがあって

ここの!このメーカーの!これがいい!!

と言うのがある方には、桧家住宅はお勧めできないですね😓

Kirin

そしてKirinは桧家住宅のオリジナルキッチン、永大産業の「 ViVARiO」をチョイスしました!

我が家のViVARiOの特徴 
  1. フルフラットキッチン(これはデフォルト)
  2. ワークトップはオールステンレス!(人工大理石(白)or ステンレスから選択可能)
  3. ペニンシュラ or アイランド選択可能(アイランド『二の字タイプ』はオプション)で我が家はペニンシュラ
  4. イタリア製ホースつき水栓(浄水栓はオプション)我が家は浄水栓つけました
  5. リンナイ製食洗機つき
  6. 内側・外側に収納あり(それぞれの面で扉つき・なしが選択可能)
  7. サイドに二口コンセントつき
  8. リビングに合わせて色が自動でコーディネートされる
  9. ワークトップの高さは85cm(固定・変更不可)
Kirin

上記の中から特筆するべき項目、以下で解説します!

ViVARiOの見た目とリビングへのフィット感

キッチンが施工されてすぐに撮った写真ですっ

⑧で書いた「リビングに合わせて色がコーディネイトされる」と言うのは結構大きくてですね。

桧家住宅では内装をセレクテリア7と言う7つのテーマで選ぶんですが

キッチンで ViVARiOを選んだ場合
「キッチンもインテリアの一つ」として扱われ、
選択したテーマに合わせてキッチンの色も自動的に決まります。

Kirin

我が家がリビングダイニングに選んだのはカリフォルニアヴィンテージ!

床材の材質や、部屋全体の壁紙やサッシの色とも調和するように基調を合わせてくれます。

なので、特に何もしなくてもキッチンとの一体感がでて気に入っています。

フルフラットキッチンの闇 綺麗に保つのが難しい

引っ越してきて、生活感ガッツリの写真がこちら!

ぐっちゃぁー(笑)

1歳の次男がなんでも触ってしまうと言うのもあるんですが
上に物置すぎです(笑)

旦那キリン

お目汚しで本当すいません

フルフラットキッチンを常に綺麗に保つのは結構難しい
を日々感じております😓

しかもこれ、まだマシなほう。

Kirin

マックスMessyなときはどんな感じなのかは想像にお任せするよ!

ですが、キッチンパントリーを扉付きで設けているので
いざとなったら全部その中へぶち込みます👍

ViVARiOの収納力について

ViVARiOの外側(ダイニング側)には

収納棚がついてます。

この収納棚、扉つきとオープンタイプが選べます。

よくダイニングテーブルをキッチンにくっついておく構造のダイニングを見ますが、そう言うご家庭だと扉はないほうがいいですね☺️

テーブルのせいでその扉は永遠に開かずの扉になること必須ですから(笑)

我が家はテーブルをくっつけておく配置は想定していないのに加え

ここを「見せ棚」として綺麗に保つ自信も、センス良く飾る自信もなかったので

扉付きにしました😘

中の奥行きは

こんな感じで、結構ものは入ります。

これと同じ大きさの扉がもう一個、
そして半分の大きさの扉が一つついています。

1歳児が文房具とかめっちゃ狙ってくるんで、
Babyロックかけて我が家はリビングで使う文房具類は全部この中です。

ここの飾り棚にはゆくゆくカトラリーとか写真とか、

おきたいものはたくさんあるんですが
なにせ1歳児が全部床に落としてくるんで😓

今は何もおけていません。

まぁ、あと1年とかの辛抱です😆

ちなみにこの飾りだなのサイズは

高さ21cm×幅100cm×奥行き19cm

と言う感じなので、意外としっかり物置けるんですよね。

他を知らないのでなんともいえませんが、
ViVARiOの収納力はなかなかのモンだと思ってます👍

サイドの二口コンセントは地味に便利

リビングダイニングのWEB内覧会でも書きましたが地味に便利なこのサイドのコンセント。

これ、地味に便利なんです。

ペニンシュラキッチン側でどうしてもフードミキサーを回したい時とか、
ちょっと充電したい時とか。

1歳児が触れる場所にあるのであんまり常時使うことはできないんですが

未使用時はこのようにカヴァーがかかる仕様になっているので1歳児が何かを突っ込む心配がなくて非常にいいです。

ViVARiOの全体的な使い勝手

ViVARiOと他の何かを比較したわけではないのであくまでも ViVARiOの感想です。

特段使いにくいと感じたことはないですが、シンクのゴミが排水の方へ流れにくいかもしれません。

この辺り、「クリナップ」さんの「流れーるシンク」とかだと、自然とシンクに落ちた生ゴミなどが水道の流れに乗って排水溝へ集められるのかなぁ?とか想像しますが

まぁ、 こんな感じでViVARiOもノズルがホースになってるんで、ガーって流しちゃえば問題ないです。

ワークトップの高さに関して、

身長165cmのKirinは90cmのワークトップにしたいと言う願望もありましたが、85cmでも特段問題なく使えています。

作業台が広いので高いと逆に遠くのもの取りづらいかも?

でも超本音を言えば90cmしてみたかったですけどね。

浄水(有料オプション)と水道水の水栓が別なので水道水で流水解凍しながら浄水の水出してお鍋に水はる

とかできるので、Kirinは浄水と水道水分かれてるほうが好きですね♪

Kirin

総じて ViVARiOには満足しています!

2階リビングのこだわり:勾配天井と景色

眺め

2階リビングは賛否様々あると思いますが我が家は1Fにダンススタジオと言う間取りの制約もあるため、2Fがリビングになったのは必然的でしたが、結果気に入っています。理由の一つはこの眺めです。

写真はキッチンに立った時の眺めです。

この土地の購入の決め手でもあったこの眺望を余すことなく堪能できます。

この大きな窓がそもそもお気に入りであることは言うまでもありません。

ちなみにこの窓は東側。朝日が登るのもよく見えます。

南側にはベランダがあり、引き違いの掃き出し窓があるので南からの採光もありますし、晴れた日には南側は富士山も見えます。

ダイニングテーブルから見る朝日や、ベランダから見るサンセットと富士山を見るときは2Fリビングにして良かったと本当に思います。

そしてもう一つのお気に入りポイントは勾配天井です。

天井にオプションの木目クロスを貼りシーリングファンをつけています。

雰囲気は思いっきりカリフォルニアです。

壁掛けの両面時計にも拘りました。

この角度のこの天井にはこだわりがいっぱい詰まっています。

未履行の照明計画

勾配天井のサイドに、スポットライトをつけようと思ってレールライトのレールだけ設置してあるのですが、まだ設置していません。

あかりの量としては足りてしまっているためなかなか完成しないんですよねー😓

テレビ台のアートランバーリフと背面のアクセントクロスのこだわり

アクセントクロスで唯一クセというか遊び心を出しているのはこちら、ダイニングのテレビ背面ですね。

テレビ台はオプションで施工してもらったアートランバーリフです。

アクセント、と言うだけあって存在感のあるクロスで、結構気に入っています😆

2Fリビング、気をつけること

2Fリビングを検討している方にアドバイスするとしたら冷蔵庫の大きさ&搬入に関してと、ソファなどの大型家具の搬入ですね。

我が家は2015年製の415L冷蔵庫、デザイン的にわりかしスリムを売りにしていた冷蔵庫でしたが、階段からの搬入が危ぶまれたためベランダから手吊で上げてもらいました。

ベランダからの手吊搬入をやってくれる引っ越し屋さんは限りがあったので要注意です。

クレーンでなら上げられる、と言う引っ越し業者さんもいましたが、値段も上がる上に我が家は土地の構造的に庭にクレーンは入って来れないので手吊理ができる業者さんの中で選ぶより他ありませんでした。

それを見越して階段を広く設計するなどしていない場合は引っ越し業者さんの選定の幅が狭まっちゃうかもです。

また手吊りと言うことで人件費も多めにかかるので、搬入そのものが通常よりプラスで3〜5万円かかると言うのも言及しておきます!

Kirin

引っ越し代はちょっと多めに見積もってね

同じくソファも、ベランダから搬入でしたので、大型家電や大型家具の搬入は要注意ですね。

まとめ

以上、我が家の2Fリビングダイニングの自慢話でした(笑)

ViVARiOの使い勝手は結構私も調べたのですがなかなか出て来なかったので、なたんでいる方参考になればいいなと思います。

ではでは!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

桧家住宅にてマイホームを建築中の施主Kirinです。
0歳と4歳、どちらも男の子2児の母です。
夫とともに元ダンサー、現ヨガとピラティスインストラクターです。
結婚した時からの悲願は自宅にスタジオのついてるマイホームを建てること。この度桧家住宅さんスマートワンカスタムにて夢のマイホーム計画を実現させることになりました!
詳細プロフィールはこちら

コメント

コメントする

twenty + 1 =

目次
閉じる