事前審査は自分で出すのはリスクが大きいー住宅ローンを組む時に注意したいことー

フラット35S
この記事は約10分で読めます。
はじめに
Kirin
Kirin

Kirinです!
初めて当ブログにお越しの方は
下記の記事がオススメです♪

 

一条工務店との比較記事はこちら↓
桧家住宅 VS 一条工務店 勝手に批評してみました
桧家住宅って、一条工務店の廉価版?

〜記事の本編はここから〜

こんばんは!

桧家住宅さんでマイホーム絶賛建築中のKirinです。

今日はお金の話です。

我が家は
優良住宅ローンさんのフラット35S

住宅ローンの事前審査〜本審査と進みました。

フラット35Sについては
こちらでも書いてます↓

優良住宅ローンさんに申し込んだのは
桧家住宅の営業さんのススメです。

 

他の銀行さんでも
もちろん事前審査など出したりしましたが

どこに出したのか
どこに出すのをやめたのか

それはなぜなのか。



 

専門知識が必要なこのローンの話は
WEBにもたくさんの情報がありますが
(私のブログもその一部かもしれませんが💦)
それらの情報を読んでいたらちょっと・・・

 

いやいや、
それちっともオススメしないわ!

 

と、崖の上から叫びたくなる情報がちらほら。

闇雲にWEBの情報だけを集めて突き進んで
後々後悔するような悲劇を

産むんじゃないの、これ!?

と思ったので書かせていただきます。

なぜなら

事前審査は出せばいいってもんじゃないし

資金の相談は誰にでもしていいわけじゃないのです!!

色々要注意です。

住宅購入における資金計画はとても大事

ちょっと一般論から入ります。

注文住宅にしろ、
建売購入にしろ、
マンション購入にしろ、

貯蓄で一括現金でポーン!

って払えちゃうごく一部の人を除いて

住宅ローンは組まなければなりません。

 

そしてこれを読んでいるそこのあなたも。

大なり小なりの額で
住宅ローンを組もうとしているからこそ
この記事にたどり着いてくれたのではないでしょうか。

 

ありがとうございます。
ご訪問、誠にありがとうございます。

 

住宅ローン返済が
月々の自分たちの生活費を脅かしやしないか
気になるところですよね。

 

よく、戸建て購入のきっかけに

ローン返済趣味レーションをしてみたら
賃貸を払うのより安かった、

とか

月々の支出が変わらなかったから、
資産になる不動産を購入することにした

なんてのをよく聞きます。

 

その逆も、あると思います。

お家が欲しいけれど
一体いくらのローンが組めて
月々の返済額がいくらまでなら
自分たちの生活を圧迫しないのか。

それを考えるところから
家づくりスタートしないと!

ていう方。

 

なんとなくですが
前者の方は建売住宅やマンション購入をする方が多いのではないでしょうか。(勝手な推測です)

そして

我が家は後者です。

とにかくお家が欲しい!

が先行です。

前者でも、後者でも
いくらの物件を購入可能なのか
いくらの住宅ローンが組めるのか
満額で組んだ場合、自分たちの生活を圧迫しないのか

そこがわからないと
住宅計画は先に進まないので
とても大事な部分だと言えます。

資金計画の相談はFPさん or 住宅メーカー?

Kirinのオススメは

住宅ローンに関する資金計画の相談は断然ハウスメーカーさんへすべし

です。

住宅メーカーさんへの訪問をすると
最初に資金のお話になる確率が高いです。

その資金計画のお話が結構役に立ちます。

逆に

ここでわかりにくい説明をしてきたり
的外れなアドバイスをしてくる営業さんは
正直あまりできる人じゃないと思っちゃいますし
この先もいい関係は築けないと思うので
ハウスメーカー選定の一つの指標としてもいいとさえ
Kirinは思っています。

(あくまで個人的な見解です。)

 

「FP(ファイナンシャルプランナー)さんへ相談するといい」

という広告やブログをみたことがあります。


まさにこんな感じの。

これはなかなか難しいのではないかと思います。

日本で、FPさんを利用している人は
まだなかなか少ないのではないかと思うんですよね。

 

ちなみに
我が家には色々相談しているFPさんがいます。

でも、住宅ローンの資金計画の相談はしませんでした。

 

日本でのFPさんの立ち位置は
ほとんどの場合が「保険や貯蓄の相談」をする人
ではないでしょうか。

 

ではなぜ
「資金計画をFPさんに相談」

なんて広告が出てくるのか?

それは

その広告からFPさんに相談すると誰かにチャリーン¥とお金が入るシステム
だからなんですね。

 

それが悪いことだとは思いません。
あなたの財布をいためることでもありません。

むしろ保険に関しては結構いいプラン提案してくれるので

保険加入の検討をしている方はむしろFPさんに相談すべき
だと思います。

 

ただ、
こと、住宅ローン関連に関しては
FPさんへの相談は無意味ではないかな???

と思うのです。

おそらくは

「これぐらいの月々返済ならいんじゃないですかね〜」

と、今の家賃料から導き出された月々の支出可能額を出して

「それより資金を増やしませんか!?」

と、貯蓄型の保険を提案されて終了です。

支払い能力の査定だけならFPさんでもOKということですね。


そう、こっちよりも

FPさんに相談案件は
こっち

住宅ローンの相談に関しては
どこで組むかによっても
金利が変わったり、手数料が変わったりするので
ハウスメーカーの営業さんが一番詳しいのではないかと思いますし
それぞれのご家庭の状況に合わせて
相談に乗ってくれると思います。

だって

「住宅ローンを通せないと、営業さんは家が売れない」

わけですから
営業さんはベストな提案をしてくれるはずです。

ただ!!

逆にハウスメーカーの営業さんはローンさえ通せばこっちのもの。
的な人もいます。
そのローンが、生活を圧迫するものの可能性はあります。

コレくらいの金額で最高額くめますよ!
買えますよ!

という部分だけ押してくる営業さんは要注意です。

自分たちの肌感で
月々の返済が多くなりすぎると感じたら
無理しないように、
そしてその営業さんにははっきりとそんなに組みたくないと言いましょう。


ネットで出す自分でできるローン事前審査の落とし穴

FPさんに相談!

みたいなのをクリックして
支払い能力を調べたりするのは
良いと思うのです。

ですが

これだけはやらない方がいい!!と思うのが

ローンの事前審査。

まだハウスメーカーさんも決めていなかった頃

Kirinもいろんなお家系ブログも読みましたが
その中にこんなことを書いているブログも結構ありました。

事前審査は自分で出せます!
ネットで事前審査を出してみると
どれくらい自分が借り入れできるのかわかりますよ!

みたいな。

 

はい。

 

その通りです。

 

ただそれには大きなリスクがあるのでご注意を。

一度事前審査に落ちた銀行には2度と出せない

住宅ローンの事前審査は無料で出せますが

もし落ちたら、
同じ金融機関には2度は出せない

ので注意が必要です。

厳密にいうと、
一生出せないわけではありませんが

基本、1つの金融機関に出せる事前審査は一回です。

「軽い気持ちで出してみよ〜」

と、ネット銀行で金利の良さそうなところに
事前審査を申し込んでみたとします。

もしくは複数出してみたとします。

仮に、それが落ちたら。

もう、その金融機関ではローンが組めなくなってしまうのです。

知識なく事前審査を出すと落ちやすい

事前審査は誰でも出せますが

審査に通すにはある種コツもあります。

もちろん、
収入もよくて
職種も業種も超安定。

今までの経歴的にも
特に心配なことはないから
どこでも通る

という人もいますが

例えば

カードの分割返済があったり
通す額がとんでもなくかけ離れていたり
過去に返済遅延履歴があったり

まぁ、色々と心配な要素や
書き方的にまずい表現とかあるらしいんです。

 

それを知らずに

自分で出しちゃって

落ちちゃった。

 

結構いい金利の金融機関で
申請の仕方によっては
事前審査通ったかもしれないのに

なんてことがあった場合に

非常に残念なことになります。

 

もう、その金融機関でローンは組めないので
選択肢の幅が狭まります。

 

あーーー、
余計なことしなければよかったーーーー!!

 

と涙を飲む人がいたら悲しすぎます。

 

お家の購入は
人生の夢です。

 

ちゃんと知識のある営業さんのもと
自分たちの状態にあった
オススメの金融機関を紹介してもらい

営業さん経由で
事前審査を出した方が
通りやすいです。

個人的には
WEB事前審査を個人で出すのは全くオススメしません。

 

それでも流行る気持ちを抑えられず
WEBでできる何かで
まず行動したい!!

というならば



こういうので
まずは自分たちに合いそうな相談相手を探す

にとどめておくのがオススメです。

これは
相談先が自分で選択できるので

一気に得体も知れないところから

ぶあーーーーーーーーっ
っと連絡が来るようなことはありません。

我が家が利用した時は

むしろきて!!!

って感じだったのに
あんまりぐいぐいじゃなくて
ちょっと残念だったほどです。

 

ちなみに、
もし申し込んで

「とりあえず、事前出しましょ!!」

と、せいてくる営業マンは
Kirin的にオススメしません。

我が家は夫婦合算ローンだけど育休中の厳しい条件

我が家は
夫婦合算でローンを組むことは前から決めていましたが
金融機関によっては合算の取り扱いがありません。

その上、
現在Kirinは第二子出産後の育休中。
ただの育休中ではなく、
「派遣社員の」育休中。

これはなかなか、
合算としてくれる金融機関の選択肢が狭まりました。

これについては
また別途書きたいなと思いますが

こんな風に
就業状況や職業業種・雇用形態によって
金融機関の向き不向きがあります。

 

検討したのは

  • 三菱東京UFJさん。
  • JAバンクさん
  • 武蔵野銀行さん

そして、実際ローンをお願いする優良住宅ローンさん。

事前審査の準備はしたけど実際には出さなかったところもある

桧家住宅の営業さんが
実際に銀行の担当者の方と話して

「あ、事前審査厳しそうだな」

と感じた銀行さんには
審査の準備はしましたが
出すのをやめたところもあります。

落ちたら

「落ちた」

という記録が残ります。

もちろん今後プラスに働かない記録なので
そこは営業さんの判断で
『出す価値があるか』
というのを見極めてくれます。

 

出す価値あると判断して出したけれど、
希望に敵わなかった金融機関ももちろんありますが
最小限にできたのではと思っていますし
価値ある選択になったと思っています。

結果的に一つでも通ればお家は買える

そしてなかなか厳しい条件の中
優良住宅ローンさんのフラット35Sで
事前審査を通せたのは
本当によかった。

それは
ハウスメーカーの営業さんの手腕も
関係してくる部分だと思うので

事前審査や資金計画の相談は

ハウスメーカー営業さんへ。

 

がKirinの見解です。

でも、

ローン払えるかの前に家計の出費の見直しが必要!

と思う場合にはいきなりハウスメーカーさんではなく
FPさんに相談してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました