新型コロナウイルスと住宅建築〜今家を建てるべき?建てないべき?論について〜

ハウスメーカー選び
この記事は約7分で読めます。
はじめに
Kirin
Kirin

Kirinです!
初めて当ブログにお越しの方は
下記の記事がオススメです♪

 

一条工務店との比較記事はこちら↓
桧家住宅 VS 一条工務店 勝手に批評してみました
桧家住宅って、一条工務店の廉価版?

〜記事の本編はここから〜

こんばんは。
Kirinです。

今日はちょっと直接家づくりの話というよりは
時代と家づくりの相性の話です。

時代とは、まさに
この新型コロナウイルス禍。
果たして今家づくりに踏み切るのは
適切なのかどうか。

私もいろいろ調べてみたものの、
持論に過ぎませんが展開してみようと思います。

いきなり結論。今、家づくりはすべきか

最初に結論から申し上げます。

とその前にあくまで私の持論であることを
ご了承ください。

私は、正直。

健康な体と職があるなら
今家づくりするのはオススメ
です。

理由はいくつかあります。

でも、我が家が家づくりを進めた理由とは
少し違うんですが。

どちらかというと、やってみた結果
そういう結論になったというか。

我が家のマイホーム計画をコロナ禍に進めたわけ

正直、
ただの不可抗力です。

私たちは契約書の期日上進めなければならなかったから
進めただけ、ではあります。

新型コロナウイルスがにわかに話題になり始めた頃
まさかここまで世界的に大きな影響を及ぼすとは
思ってもみませんでした。

私たちが家を建てるために動き始めたのは
昨年のこと。

当初は一条さんで建てる予定で
話を進めようとしてたのもあり。

一条さんでは契約から上棟まで
1年弱かかるって言われてたんですよ。

家の更新期限が2021の春にあるので
2020の春までに契約を終えなければ!
という焦りもありました。
(実際、そんなに時間がかかるの
一条さんだけだったんですけど)

私たちが桧家さんを訪問して
話が進み始めたのは
コロナをちょっと警戒し始めた2月でした。

そう、一条さんのスケジュール感基準だったので
「春までに決めなくちゃ」
という思いでとにかく前に進む気だったんです。

そのころはこんなにコロナが
長引くとは思ってもおらず・・・

でも逆に
落ち着くのを待って何も行動していなかったら
コロナ感染がもっと拡大していて
動き出す気にはならなかったかもしれません。

ともかく、
その後1ヶ月もしない間に
ご縁あって桧家さんで土地が決定する運びになったため
契約書の期日もあって進めなければならなかった
という不可抗力があって、
私たちはそのまま家づくりを止めることなく進めました。

やってみたからこそ思ったオススメ理由

さて、不可抗力でやったくせに
なぜオススメと言えるのか。

みなさんおそらく気になるところは

  1. 衛生的な危機管理面
  2. 金銭面

ではないでしょうか。

①衛生的な危機管理面

そもそも、外出自粛には逆らっているし
打ち合わせは人と会議しなければなりません。

特に、インテリア打ち合わせなどは
サンプル実物を見るということが重要ですから
「オンラインでというのはできるだけやりたくない」
と、営業さんもおっしゃっていました。

まず、体調が悪かったり、熱があったりする場合は
自粛するのは当然なので、

「ハウスメーカー側と、自分たち双方が健康である、という前提」

というのは強く前置きさせてください。

その上で桧家さんの場合

  • 家自体に換気機能がある上に、窓を開けて行う。
  • 営業さん含めハウスメーカー側の方は必ずマスクを着用してくれる
  • ハウスメーカー側の社員さんは皆さんマイカー通勤なので電車などで感染されているリスクが低い

さらに途中から、
商談する部屋にもスーパーのレジにあるみたいなビニールの仕切も出現しました。

 

そして、
我が家は利用していませんが
希望すればオンラインの打ち合わせも対応してくれるそうです。

 

私たちは全員マスク着用のうえ、
対面で行いましたが
感染防止のための安全対策は全て行った上で進めました。

②金銭面

ここ、気になりますよね。

世の中景気が・・・

悪くなりますね。
確実に。

ただ、
ローンの金利は景気が悪いほど低いということご存知ですか?

逆に景気がいいと、ローンの金利が高くなるので
私たちは最初オリンピックイヤーに家づくりをすることを
金銭タイミング的には悪いけど仕方ないって話してました。

オリンピックイヤーに向かって
土地の高騰や、金利の上昇が予想されたからです。

ところがこんな状況になり
先が見えない不安はもちろんあるのですが

金利的には、低い金利でローン契約できるのでは!?

と思っています。
(我が家は変動ではなく固定金利なので・・・)

それ以外にもある、今家づくりを進めるオススメ理由

コレは余談になりますが。

営業さん曰く、
今外出自粛もあって、変な話、
冷やかしのお客様はこないんです。
」と。

本当に建てるつもりではなく
暇だから見にきたとか、
なんとなーく見に来た、とか
住宅公園でやってるイベント目当てできた

みたいなお客さんがいないので
予約も取りやすく、
また、営業さんの対応が丁寧だと思いました。

じっくり自分たちに時間をかけてもらえるというか。

大きな買い物なので、
やっぱり丁寧に相手して欲しいじゃないですか。
手厚くしてもらいたいじゃないですか。

それは、今このコロナ禍では充分にサービスしてもらえるので
逆によかったな、と感じています。

まとめ

最後にもう一回言いますと

あくまで、私1個人の見解です。

もちろん体調優先!
このコロナウイルスの感染拡大を防止する行動とても大事です。

でも、家を建てたい!
引越ししなきゃならない事情があるとか、
せっかくなら建てたい!

と思っている方がいたら、参考にしてみてください。

おまけ:直接ハウスメーカーを尋ねるのに抵抗があるなら

家づくり、始めたいけど
今まだハウスメーカーで悩んでいるとか
提案のいいメーカー選定中のかた。

 

実際、いきなりなんの情報インプットもないまま
住宅展示場に訪問しにいくのは
コロナウイルス関係なくお勧めしません。

なぜならば全く知識がないと
そのメーカーの良し悪しを自分なりに判断する指標が何もないからです。

 

正直、
どのハウスメーカーでも
同じようなスペックの家を建てることができます。

 

ただ、
様々なメーカーが
何を標準装備としているか
どんな家に重きを置いているかが違うんですよね。

 

それにはまずある程度でも
自分の希望をどういうツールで形にできるのかという
胃炎関する知識も必要です。

なので、まずは

「幅広いメーカーの情報を手元に集めること」

をオススメします。

それには
展示場の事務所でパンフレットをかき集めるでもいいと思いますし
資料請求をするでもいいと思います。

資料請求するなら一括で多数のメーカーのものを集めて
見比べるといいと多います。

一括で資料請求できるサイト↓

ちょっとメーカー巡りに疲れちゃったとか
それこそ新型コロナウイルス感染が心配で
外出やメーカー巡りを控えたい

とかの方にも向いているかと思います。

一度資料を見て
めぼしいメーカーの狙いをつけることもできます。

あとはコレ↓
前にもちょっとご紹介しましたが
タウンライフ家づくり

というサイトです。

間取りプランで悩んだときにこのサイト使ったんですけど、
一括で資料請求することもできます。

資金計画とか、最初に自分たちのこだわりとか
そういう観点から合いそうなハウスメーカーを
見つけるためにも有効なようで
最初っからこれ利用してメーカー絞ればよかった!!!

ってちょっと思いました(笑)

まぁでも、私たちがメーカー巡りしてた時は
今みたいにコロナじゃなかったし
メーカー巡りも
中には時間の無駄もあったけどそれはいいですよ。

それもそれで知見になったので
面倒くさくない方は
メーカー1件1件尋ねるのも、オススメですw

でも今は、
やはり無駄な接触は避けたい時期ですしね。
自分たちのこだわり条件にあったメーカーを比較してくれるんですが
オンラインで全て完結。
無料で比較ができるこのサービスは今の時期あってるかもですね。

私たちが間取りで悩んだ時点で利用した時も

間取り設計のアイデアや、
こうしたら減額できるんじゃないか

というアイデアも電話かけてきてくれたメーカーさんもいて

結局そのヒントから色々得て、
我が家も減額に成功したので。

値段比較意外にも
本当にいろんな会社が何をウリにしているのか
とかもわかって面白いかも。

提案を受けた会社と契約を絶対しないといけないわけでも
もちろんないし。
(我が家もこの提案ズレてるね、みたいな会社さんは即ギリですw)

正直ウチは、
アイデアだけもらっちゃったんですけど
そんな使い方もアリだなwと。

そして、そういう方結構たくさんいるみたいです。

試してみてもいいのではと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました