インテリア打ち合わせ①〜桧家住宅のセレクテリア7でテーマを選ぶ〜

桧家住宅について
この記事は約7分で読めます。
はじめに
Kirin
Kirin

Kirinです!
初めて当ブログにお越しの方は
下記の記事がオススメです♪

 

一条工務店との比較記事はこちら↓
桧家住宅 VS 一条工務店 勝手に批評してみました
桧家住宅って、一条工務店の廉価版?

〜記事の本編はここから〜

こんにちは。
緊急事態宣言が長引いていますね。

桧家住宅さんで、このコロナの最中
絶賛マイホーム計画進行中Kirinです。

我が家は桧家住宅さんのスマートワンカスタムで
スタジオ付きマイホームを建てることになりました!

【あわせて読みたい👇】
これまでのハウスメーカー選びや桧家住宅さんに決めた理由はこちら↓
桧家住宅さんに決めた理由

スマートワンカスタムについてはこちら↓
桧家住宅さんの商品紹介&標準仕様とは〜我が家はスマートワンカスタム〜

インテリア打ち合わせは1日がかり

間取りが大体決まったら、
次はインテリア打ち合わせです。

「インテリア」と言うと
なんとなく内装なイメージ。

て言うか、
実際内装のことですよね。

でも、インテリア打ち合わせでは
壁紙やフローリングなど内装だけでなくて、

  • 外壁と玄関周りのタイル
  • 水回りの設備
  • キッチン周りの設備

も、全部決めます。

正確には

「インテリア&エクステリア&ファシリティ打ち合わせ」

ですねw

桧家さんのお話では

営業さん
営業さん

お客様によっては喧嘩はじまっちゃいます

とか

営業さん
営業さん

お昼挟んで1日かかる場合もあります

とか、言われましたが
我が家は「決断早い!!」と言われサクサク進みました。

わりかし夫婦間の意見は合う方なんですよね。

ただ、
1回目のインテリア打ち合わせを滞りなく終えたくせに
やっぱり悩むものなので、
その後何回か意見を変えて、何回か手直ししてもらいましたw

桧家住宅の内装は7つのテーマ「セレクテリア7」から選ぶ

桧家さんのSmartOneシリーズは
「セレクテリア7」と言う7つの内装テーマがあります

  • フレンチカントリー

  • ジャパニーズモダン

  • ラグジュアリーモダン

  • アジアンリゾート

  • スカンジナビアンナチュラル

  • カリフォルニアヴィンテージ

  • ニューヨークヴィンテージ

の7種類です。
(写真は桧家住宅さんのWEBサイトから拝借)

これらの中からテーマを選択すると
ある程度内装の雰囲気が固定されます。

え?

自由に選べないの?

と思われるかもしれませんが、

CGとかをフル活用しない限り、
なんの縛りもなく
自分たちのコーディネートだけで
壁紙一枚、フロアの質感一つ選んでたら
なかなか大変なことだと思うんですよね💦

なので私たち的にはその辺は気にならず。

むしろプロのコーディネートに一部あやかれるので
安心でした。

このセレクテリア7は、
プロのインテリアコーディネーターさんが
テーマに沿って調和するようにコーディネートしたもの。

組み合わせが絞られるだけなので、
テーマを選んだからと言って
全て同じ内装になるわけではありません。

例えばフレンチカントリーを選んだら
フレンチ風になるドア色・2色の選択肢が与えられ
その中からえらぶ。
壁紙も、フレンチ風の壁紙から選ぶ

と言う感じですね。

桧家さんのWEBサイト(こちら)でもみることができますが
結構実際見ると印象違ったりもします。

選ぶときは
実際に展示場で見ることをお勧めします!

我が家が選んだセレクテリア

1F :アジアンリゾート
2F:カリフォルニアヴィンテージ

を選びました。
(フロアごとに選択できます。)

アジアンリゾート(我が家の1F)の決め手

ぶっちゃけ、このテーマの実物、見れてないんです。
写真見て即決だったので・・・。

我が家は1Fにダンススタジオを配置します。
そしてそれが1Fのメインと考えたときに
スタジオに持ってきたい雰囲気を重視しました。

ヨガなども行うので
アジアンな落ち着いたテイストが良いと思い即決です。

アジアンリゾートは床材の候補が一択のみ。
ドアの候補も一つで決められているので
選ぶものはほとんどなかったのですが
壁紙は結構悩みました。

悩んだ末、最初は指定しませんでしたが
最終的にスタジオの一番広い面に
オプションのアクセントクロスを施すことにしました!

カリフォルニアヴィンテージ(我が家の2F)の決め手

これね、決め手っていうか・・・

実は最後まで悩んだポイントです。

当初は
ニューヨークヴィンテージにするつもりでした。

だってカリフォルニアヴィンテージの参考写真
すごいサーファーっぽくないですか?(笑)↓

私、サーファーじゃないし(笑)

で、ニューヨークヴィンテージのレトロな感じ
「RENT」感がある気がして
それが良いなー
と思ってたんですけど。

実際に別の展示場でニュークヴインテージのリビングを見たんです。
それがこちら!

これがなんか・・・
私の理想とイメージ違ったんです。

なんて言うか・・・

暗い。
思った以上に暗いし、思った以上になんかロック(笑)

あんまり真っ白な感じより
暖色系でウッディな感じの方が好きなんですけど

これは暗すぎたwロックすぎたw
ハードボイルドでしたw

しかも、アクセントクロスもなんか癖が強い。
リビングに一か所標準でアクセントクロス付けれるんですよ。
(二箇所目からは有料になります)

4個パターン候補がある中で、
これが良いかなー
って思ってたものが、これまたイメージ違った(笑)
それがこちら↓

このトイレ落ち着かん!!!(笑)

思ってたのとかなりイメージ違いました・・・

クロスはA4位の大きさのサンプルをみて
選ばなきゃいけないんですよね。

そのA4をみたときはお洒落に見えるんですが
実際壁についてるの見るとやっぱ違いますね。
見に行ってよかったです。

で、その展示場の2階が
カリフォルニアヴィンテージだったんです。

1枚しか写真取らなかった上に全然雰囲気伝わらない写真なんですがこちら↓

伝わりづらいですね💦

でも、参考写真のサーファー感は
家具次第だったことに気づきました。

カリフォルニアヴィンテージは
床材、ドアの色等も明るい白っぽい木材で
部屋全体が明るいイメージになります。

また、所々アクセントにウッディ感を出せて

「こっちの方がLDK向きだ!」

となりました。

1回目のインテリア打ち合わせでは
「LDKの2階はニューヨークヴィンテージで」
と伝えていたので
2回目にカリフォルニアヴィンテージに変わったことを伝え
壁紙だけ選び直しに。

カリフォルニアヴィンテージは
ドア材、床材共に1択だったので。
(NYヴィンテージはそれぞれ2択なので組み合わせは4種類)
それに合わせてアクセントクロスとベースのクロスを選び直しました。

セレクテリアは実物を見るのと見ないのとでは大違い!できれば展示場で実物を見ることをお勧めします!

アクセントクロスはオプションで増やしても大した金額じゃない

それぞれのテーマで、
ベースとなるクロスが4種類あります。
また、アクセントクロスも4種類あります。

アクセントクロスは一か所のみなので
4種類から1つを選びますが

ベースとなるクロスは全部使いたければ壁ごとに分けて
全部使ってもOKです。
(そんなことしないと思うけど(笑))

例えばうちのように1Fと2Fとテーマを分ければ
それぞれのベースクロスが4種類ずつ。
合計で8種類のベースクロスが選べます。

ベースのクロスの中にも
アクセントになりそうな
ちょっとしたお洒落なのもあったりするので
ベースのクロスをアクセントクロスがわりに使うこともできます。

我が家は
小屋裏収納の1面にアジアンのベースクロスを採用したりして、
少しアクセントっぽくしました。

ただ、有料のアクセントクロス、意外とそんなに高くない。

ダンススタジオに採用したオプションアクセントクロスは
14帖の部屋の1面ですが1万円ちょっと。

2階トイレにカリフォルニアヴィンテージのアクセントクロスを採用しましたが、
トイレくらいの大きさの壁1片は1300円位でした。

アクセントクロスはうまく使えば
ガラッと部屋の雰囲気を変えてくれるので
多用しすぎはやかましいですけど

「オプションだから・・・」

と嫌煙せず、考慮してみて良いのではないかと思います✨

外壁・外観はセレクテリア7に含まれない

外壁、すっごい悩みました。

種類もめっちゃあり、色もある。

ただ、外観・外壁はセレクテリア関係なくなるので
凄まじい選択肢の中から選びます。

でも、玄関のポーチタイルの色とか、
玄関を開けて入って床材と繋がっていく部分なので
1Fのセレクテリアの雰囲気と合わせて考えると
考えやすいと思います。

ふー。

セレクテリアだけでも語ることたくさんありますね。

セレクテリアについては以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました